「渡良瀬橋歌碑除幕式」


 足利市駅

 2007年4月28日(土)、渡良瀬橋から程近い場所に森高さんの名曲「渡良瀬橋」の歌碑が建立され、その除幕式が執り行われました。式典には吉谷宗夫足利市長、来賓の方々に加え電車に揺られて足を運んだ森高ファンら約50名が出席。
 東武伊勢崎線足利市駅で降りて、中橋を渡り左折。歌碑がある除幕式会場はこんなところです。歌碑には白い幕が掛けられていました。

歌碑除幕式会場

 会場に到着すると、市の方から「森高ファンの方ですか?」と声を掛けていただき、パンフレットをいただきました。ページをめくると森高さんのメッセージと写真が掲載されていました。

渡良瀬橋歌碑パンフ除幕式で配布された品

 除幕式の式次第と割り箸「わたらせばし」(爆)を撮らせていただきました。来賓の方々に配布された物です。この箸は観光協会で100円で販売するそうです。裏には渡良瀬橋が森高さんによって歌われたとの説明書きがあります。お土産にどうぞ!

 市の方が、我々ファンの数が少なかったためか、規制のロープをわざわざ歌碑側に数メートル近づけて下さいました。

 式典の様子

 式典は午前11時に開始。市長挨拶、来賓の紹介、森高さんからのメッセージ読み上げの後、除幕となりました。残念ながら私の位置からは序幕の瞬間は見にくかった。それでも白い布がひらりと落ち、歌碑が見えました。するとイントロがスタート。そして想定外、驚愕の瞬間が…。なんと森高さんの歌声が聴こえて来るではありませんか!てっきりオルゴールやチャイム音でメロディが流れるだけだと思ったら「渡良瀬橋」のフルコーラスが流れるのです。ええで〜っ!!

歌碑

プレートの左下にはJASRACの許諾番号が入っています。

森高さんの衣装をコピー

 式典終了後は森高さんのコピー衣装を身にまとった森高ファンの元に取材が殺到。TVやら新聞やらの取材を受けていました。曲は歌碑そのものからではなく、併設された柱の上に取り付けられたボックスに付いているスピーカーから流れます。またその下部に赤外線と思われるセンサーがあり、歌碑前に人が立つと1秒ほどで曲が流れ始めます。歌碑前のブロックを恐る恐る足で踏むようにしている人もいましたが、それは間違い。ブロックにスイッチはありません。(^_^;

歌碑の横にある柱に曲を流すシステムが 

 曲のリコーダーに合わせて、自ら持参したリコーダーを吹く姿。今日は完璧に吹いていました!

リコーダーを吹く

 歌碑の車道側の「渡良瀬橋歌碑」の題字は市長によるものです。車道を走る車からはこの歌碑名が見えます。いきなりキキーッ!という急ブレーキの音!!前の車に衝突寸前。ほんの20cm程でギリギリ止まりました。歌碑を眺めながらのよそみ運転。信号待ちの車にあやうく追突するところでした。もしも車で通過する際はくれぐれも前方にご注意下さい。

題字は市長

 人もいなくなってきた頃、業者の方が脚立を持って登場。何をするのかと思ったら音量調整でした。式典用に通常より大きな音を出していたようで、調整後は若干小さくなりましたが、それでもかなりの音量です。

音量調整

 一通り撮影大会を繰り広げ、歌碑のある歩道の脇にある「通三丁目児童公園」前にある酒屋「大黒屋」さんへ。「特別純米酒 渡良瀬橋あります。」の看板が気になっていたのです。店内に入ると「渡良瀬橋」の一升瓶が置かれていました。

酒屋酒屋店「大黒屋」奥別純米酒 渡良瀬橋

 親切なお店の方々のお話を伺いました。なんでも「渡良瀬橋」が流行っていた頃、急激に売れたとのこと。小さい瓶のものは残念ながら売り切れていて、あまり日本酒は飲まない我々(というか、今日集まった方々みなあまり酒は強くない(^_^;)は次回小さい瓶があることを期待して店を後にしました。5月1日に入荷するそうです。

 足利を後にしようとした頃、急速に空が暗くなっていき雷雨に!式典が荒れ模様でなくてよかったあ。
とても良い思い出になった一日でした。みなさんも是非「渡良瀬橋歌碑」に行ってみてくださいね。

【関連ニュース】

下野新聞 http://www.shimotsuke.co.jp/hensyu/news/php/s_news.php?f=s&d=20070428&n=1

こちらはブラック疾風号さんによるレポート。う〜む、濃い…。

----------- そして数日後、再び歌碑を訪れた!


ホームページへ 森高ML 森高千里情報
森高FAQ・INDEX リンク集