ちかこ@目白・作

■『千里姫の冒険』(8)

(7)からつづく



翌朝になると、昨夜の曲者が射込んだらしい矢文(やぶみ)が、厨房の外壁で
発見されました。家老の報告で中身を読んだ三川の殿様は、そそくさと千里姫
の部屋へやってきました。
「ちゃんと、姫はおるではないか!」
「あ、おはようございます。三川のパパしゃん」
「姫、変わったことはないか?」
「わかったわかった、すぐに朝餉の膳を運ばせるでのう」
「殿、これはやはり悪戯(いたずら)でござりまする」
廊下に控えていた、家老の西村がそう言いました。
「うむ、おそらくそうであろう…。しかし、誰がこのような悪戯文を…。野々、
千里姫に変わった様子はないよのう?」
「変わった様子ばかりでございます!!」
野々は、気色ばんで答えました。
「ま、まあまあ、よい。野々に訊くのではなかった…」
「どぎゃんしたとね?」
「姫をかどわかした…などという悪戯の矢文が、昨夜あったのだ。それ、曲者
騒ぎのあった、すぐあとのこと…」
「うちにも、見せてくれんねぇ」
千里姫は、殿様から手紙を受け取ると、野々と一緒に覗き込みました。

「うわっ、達筆すぎて、うち読め〜ん。かわりに、読んでほしかぁ」
「字も、読めなくなったのでごさりまするか!?」
野々は、千里姫からあきれた様子で文をひったくると、読み上げました。
「<千里姫を預かり申す。返して欲しければ、三月十日暮れ六ツまでに、赤坂
見附の豊川稲荷境内へ三千両届けられたし。なお、幕府老中および目付、若年
寄、町方等に注進あらば、姫の生命の保証あらず。御存知鬼面党より>…。こ、
これはなんでござります!?」
「おそらく、いま江戸市中で評判の鬼面党をかたる、悪戯の文であろう。姫君
が、一晩行方知れずになったのをどこかで聞きおよび、こんな根も葉もない、
脅迫の矢文をこしらえたのでござる」
家老が答えました。
「殿っ、野々は心配でござりまする! 姫君に、まさかのことでもあれば…」
「大丈夫じゃ。この屋敷には、家臣だけでも二百名以上もおるのだぞ」
「これは、すぐさま大目付様のお耳にでも…」
「…捨ておけ。大目付の高木常陸守様は、大学頭も兼務しておられ、いつもい
つもご多忙じゃ。こんな悪戯をご報告してはご迷惑だし、かえって面倒なこと
にもなる」
「でも、殿っ…」
「野々が、それほど姫のことが心配なのであれば、この部屋を四六時中、警護
させることにしよう。西村、さっそく庭番を呼べ」
「はっ、かしこまりました」
「お、お庭番でござりまするか??」
「そうじゃ。…野々は、庭番では不服か?」
「い、いえ、そういうわけでは…。でも、お庭番ということはぁ……?」
「ねえねえ、教えて、野々しゃん。お庭番って、いったいなんね?」
「姫様は、知らなくても、およろしいのでございます」
「それって、もしかして、忍者んこつねぇ?」
「ご、ご存知なら、訊かないでほしゅうございます!」
「わ、カッコよかぁ〜! ホンモノねぇ?? 手裏剣シュッシュッシュッ!」
「殿っ、ひょっとすると、もしかしまして、その忍びの者は、まさか…まさか
信州の出ではございますまいな…?」
「おう、野々は、なんでもよく存じておるのう。信州は木曽谷の忍びじゃ」
「や、やっぱり…!」
「なにが、やっぱりなのじゃ?」
「…い、いえ、こちらのことでござります」

さっそくその夜から、千里姫の部屋の前庭には、警護をする木曽忍者の姿が、
見うけられるようになりました。



その夜の千里姫は、天井裏をミシッミシッと歩く人の気配を感じて、ミニで寝
るのはやめにしました。きっと、木曽忍者が、千里姫の部屋の天井裏まで警戒
しているのでしょう。(…ばってん、簡単に居所ば見破られてしもうとる忍者
って、いったいなんな?)

守ってくれているのはわかるのですが、千里姫は、なんだか覗かれているよう
な気がして、地が厚く寝乱れにくい、白の寝間着で横になりました。(ずっと
あとで、野々にそのことを話したら…、「それは姫様、絶対に覗いております
る。 木曽の忍びに限って、間違いございません!」と、野々は答えたそうで
すが…)

床に入っても、なかなか寝疲れません。なにか、大事なことに気がついたのに
もかかわらず、忘れてしまったときの歯がゆい気分。なぜこれほど、落ち着か
ないのでしょうか…?
千里姫は、最初その胸騒ぎを、また1991年へと戻れる兆しなのではないか
…とも思いましたが、それにしても、なにやら焦燥感がやたら身近で、リアル
なのです。
しばらくゴロゴロ、寝返りを繰り返したあと、突然、急に、思いついたのです。
そして、いままで、なぜそのことに気がつかなかったのかと、なかば、唖然と
してしまいました。
「…じゃあ、こんお屋敷の、ホンモノの千里姫はぁ、いったいどけぇ〜さらき
よっとだろかぁ!? ……うちは漠然と、1991年のうちと、江戸時代の千
里姫とが、入れ替わったとばっか思い込んどったとねぇ〜!!」
千里姫は(いえ、1991年の千里姫ですが)、薄がけをガバッと跳ね上げる
と、大急ぎで身支度を始めました。

「♪はだかには〜ならないわ〜、どんなにムシ暑くてもぉ〜、ヒュ〜〜!」
千里姫が天井をニラむと、ゴツンと、にぶくて大きな音がしました。天井板の
節穴から、驚いて目を離した木曽忍者が、屋根下の梁(はり)へ思いっきり頭
をぶつけた音でした。

(9)へつづく